医師転職する際は仕事内容・仕事量・報酬などを重視

医師の数が不足しているというのはニュースなどでよく見ます。長時間に渡る勤務、人の命を扱うため責任が重い、などという事が挙げられます。

特に、田舎や離島などでは更に深刻な問題となっているようです。救急車で搬送された患者が病院をたらい回しにされ死亡したニュースも記憶に新しいのではないでしょうか。

それも、医師不足が影響している部分もあるようです。一刻も早く、医師にとって働きやすい環境を作り、より高度な医療を患者に提供する必要があるのではないでしょうか。

医師転職する際は仕事内容・仕事量・報酬などを重視すると思います。
医師の仕事内容は、大学病院に勤務する人、開業する人、医学関連の研究者として働く人など勤務先や勤務形態によって大きく変わります。

今までは、医局と呼ばれる制度があり、自分の意志よりも医局の人事に従って働かざるを得ない状況が存在していましたが、最近は自分で自分の仕事場を選ぶ医師たちが徐々に増えてきつつあるようです。